「カワイイ」カルチャーの発信地!インスタ映えスポットが遍在するエリア[原宿エリア]ビブグルマン2017掲載店

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
452 57 42

RSS

←前の記事次の記事→

「カワイイ」カルチャーの発信地!インスタ映えスポットが遍在するエリア[原宿エリア]ビブグルマン2017掲載店

更新日: 2017-12-18 11:34:23グルメ情報
「カワイイ」カルチャーの発信地!インスタ映えスポットが遍在するエリア[原宿エリア]ビブグルマン2017掲載店

日本を代表する文化の一つとして世界的に認知されるようになった「KAWAii(カワイイ)」カルチャー。その最大の発信源となっているのが、「原宿(はらじゅく)エリア」です。トレンド発信だけでなく、カラフルで個性的・原宿の代名詞となるファッションや物・イベントなどを世界に送り出し、原宿の存在は世界にインパクトを与え続けています。各方面から熱視線を浴びている原宿には、様々な注目観光スポットが遍在していることでも有名で、毎日のように国内外からの観光客で大変な賑わいを見せています。例えば、原宿の顔とも言えるスポットはそこかしこに遍在しており、原宿のランドマーク的存在でもあるラフォーレ原宿や、原宿駅周辺で最も人を集めるスポット・竹下通りは、原宿エリアのシンボル的な存在。通り沿いにはティーン層や若年層に特化したリーズナブルでトレンド性の高い商品を取り扱う雑貨屋やアパレルショップ、飲食店などが所狭しと軒を連ねているほか、日本初のクレープ屋が出来たエリアということもあってか竹下通り内には様々なクレープ屋がひしめき合っていることがこのエリアの特徴の一つ。各クレープ屋でテイクアウトしたクレープを食べながら竹下通りを散策するというのも、原宿観光の定番の楽しみ方です。
冒頭で触れた「原宿KAWAiiカルチャー」ですが、現在きゃりーぱみゅぱみゅさんビジュアル監修を担う増田セバスチャンさんが火付け役だと言われています。増田セバスチャンさんの独自の世界観と「カワイイ」にこだわりを持ち続けるスタイル、非凡なセンスが、原宿の流行やトレンドへの嗅覚などと相まって世界へ「KAWAii(カワイイ)」カルチャーを浸透させたといっても過言ではありません。現に、増田セバスチャンさんが手がける6%DOKIDOKI(通称:ロクパー)・KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU(カワイイ モンスター カフェ ハラジュク)は原宿エリアの代表的な観光スポットとなっており、そのファッションセンスと感性あふれるデザイン・アイテム・ビジュアルの数々は国内のみならず海外セレブをも魅了して止みません。また、日本の「カワイイ」キャラクターグッズが集結した原宿のKIDDY LAND(キディランド)ではキャクターに目がないお客さまはもちろん、近年では日本のお土産にとグッズを買いに訪れる海外からのお客様で常に賑わいを見せています。

さて、原宿のカワイイ文化について先述しましたが、原宿の「カワイイ」は最近よく耳にするワード「インスタ映え」にも直結するところがあります。というのも、原宿にはインスタ映えするようなカワイイスポットが揃っているからです。それは、例えば人と人をハートでつなげる数式を壁面に花で記したセント・ヴァレンタイン教会であったり、シャッターのピンクが映えるアパレルショップmiss faline(ミスファリーン)、ピンクカラーに囲まれたスポットHONEY Mi HONEY(ハニーミーハニー)、不思議の国のアリスをモチーフにしたショップ水曜日のアリス東京など実に様々。このようなスポットが若い女性を中心に大変人気になっていますが、フォトジェニックスポットは場所だけではなく、「カワイイ」食べ物にも発展していることをご存知でしょうか?例えば、冒頭挙げたKAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU(カワイイ モンスター カフェ ハラジュク)を始め、ビッグサイズ&カラフルでカワイイを凝縮したようなわたあめが食べられるTOTTI CANDY FACTORY、理想のカワイイモチーフをこれでもかと言うほどに詰め込んだアイスクリームが食べられるEddy's ICE CREAM(エディーズアイスクリーム)などなど。思わずインスタにアップしたくなるような原宿スイーツにさえも、「原宿KAWAii(カワイイ)カルチャー」のエッセンスが注入されているのがよくわかります。

原宿の「カワイイ」を体現したスイーツをご紹介しましたが、ではスイーツ以外の原宿グルメとは、どのようなものがあるのでしょうか?原宿駅周辺をはじめ、原宿エリア内には上述したようなフォトジェニックスイーツだけではなく、本格的なグルメ店が多数集積しています。屋台のような雰囲気で現地のおいしさそのままをいただけるタイ料理屋や、原宿駅からスグにある落ち着いた店内で絶品蕎麦が味わえる蕎麦屋、名物の麻婆豆腐目的に客足が絶えない四川料理屋、厳選食材を使った奥深い味わいのスープで作る柚子塩らーめんが人気のラーメン店など、案外お手頃価格でこだわりの味を満喫出来る店が原宿駅から徒歩圏内に多数あり、人気のグルメ店としてテレビ番組でも取り上げられるほどです。さらに原宿エリア周辺には、5,000円以下で食事ができ、ミシュラン星獲得店よりも気軽に立ち寄りやすいビブグルマン掲載店を有しており、こちらもまた人気店となっています。

・「bepocah(ベポカ)」(ペルー料理)食べログ ★3.78

※★は2017年11月17日時点の評価です

エリアをあげてカワイイ発信をしている原宿は世界中の「KAWAii(カワイイ)」ファンにとっての聖地となりつつあります。そういった背景からも、原宿エリア=若者の街といった印象が強い方も多いのではないかと思いますが、実は少し周辺を散策してみると同じ原宿エリア内でもガラリと違った表情を見せる場所がいくつもあることに気が付きます。原宿駅から渋谷駅まで続く旧渋谷川遊歩道路は、個人店やブティック、落ち着いた雰囲気を醸し出すカフェ、ブランド・ショップなどが遍在。通称キャットストリートと呼称されており、裏原宿(通称ウラハラ)の一部を形成しています。また、森林に囲まれ荘厳な空気感を放つ明治神宮も原宿駅から徒歩圏内にあり、初詣の参拝者が日本一として知られ、海外からの観光客にも大人気のパワースポットとなっています。明治神宮に隣接する代々木公園では、東京都心部にいながら緑を感じられるため、原宿でショッピングや食べ歩きを楽しんだあとの休憩にももってこい。
様々な流行が生まれ、そして進化しそれが世界に飛び立っていく。どこか雑多な印象がある原宿エリアですが、それもまた味わいの一つ。そしてその表情の奥に存在するハイソな街並みというギャップが、原宿の新進気鋭なスタイルと文化に一役買っているのかもしれません。

男性歓迎の東京・原宿エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ
男性歓迎の東京・原宿エリア周辺の出張マッサージ一覧はコチラ

筆者: サポート担当 井上