東京や横浜までアクセス抜群!多くの自然に恵まれた政令指定都市[川崎エリア]

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
444 55 40

RSS

東京や横浜までアクセス抜群!多くの自然に恵まれた政令指定都市[川崎エリア]

更新日: 2018-09-24地域情報
東京や横浜までアクセス抜群!多くの自然に恵まれた政令指定都市[川崎エリア]

川崎の特徴
神奈川県の北東部、東京都と神奈川県横浜市に隣接した位置にあり、北東に細長く伸びた地形が特徴的な「川崎(かわさき)エリア」。川崎市は川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区の7つの区から形成される政令指定都市で、全国で20ある全政令指定都市の中で最小の面積であるにもかかわらずその人口は150万人を超えるほど。各都道府県の県庁所在地を除いて最も人口が多く、人口増加率が高い街で、活気に溢れたエリアとして広く知られています。地方公共団体の財政力を表す指標である財政力指数は、全国で20箇所ある政令指定都市中最も高く(平成27年度時点)、財政が潤っているという点にも注目が集まっています。

各区の特徴
政令指定都市である川崎市は7つの行政区から成っていますが、その行政区ひとつひとつは独自の個性がありそれぞれが魅力的であることがわかります。
川崎区は川崎市の東端に位置し、川崎エリアの主要駅であるJR川崎駅・京浜急行川崎駅や川崎市役所など市の行政の舵取りをする機関を擁している川崎市内でも要所となる行政区です。また初詣で毎年賑わう川崎大師があるのもここ川崎区です。幸区は川崎市の南東部に位置しており、JR川崎駅をはじめ尻手駅、鹿島田駅、新川崎駅が縦断しています。さらに幸区には無料で動物園が楽しめる施設・夢見ヶ崎動物公園があり、ファミリー層をはじめ観光客にも大人気です。中原区は川崎市のほぼ中心に位置し、東側から北側一帯は多摩川に囲まれその多摩川を挟んで東京都に隣接しています。東急・JR武蔵小杉駅を擁しており、東京都心部へのアクセスも便利。川崎市内で最も多くの人口を擁するエリアです。また、川崎フロンターレのホームとしても知られています。高津区は東側に伸びる特徴的な川崎市の地形のほぼ中央に位置しています。住宅街だけでなく製造業会社が多く点在しており、ものづくりの街としても有名。多摩丘陵や多摩川などを擁し、多くの自然と触れ合うこともできます。宮前区はかつての高津区から分区した行政区。東高根遺跡や馬絹古墳など歴史的遺産を有し、また奈良時代に建てられたと言われている影向寺も文化的価値の高い寺社として有名です。全国的にも人気の高いマスクメロン・宮前メロンの生産地でもあり、贈答用としても重宝されています。多摩区は自然に抱かれたエリアで、北部には多摩川、南部には多摩丘陵が広がります。藤子・F・不二雄ミュージアムや岡本太郎美術館など多くの観光スポットを擁する点も魅力の1つです。大学が多く、学生の街でもあります。最後に麻生区です。多摩区から分区して誕生した行政区で、新百合ヶ丘駅北側には麻生区役所、図書館、川崎市アートセンターなどの施設が集積。駅南側には大型商業施設が点在し、商業エリアを形成しています。自然豊かな地区で、住宅地も広がります。

観光スポット
川崎市内は多くの観光名所を擁することでも知られています。長年川崎市に住んでいた藤子・F・不二雄氏の作品の世界に触れられる文化施設「藤子・F・不二雄ミュージアム」や、川崎市で生まれた芸術家の岡本太郎氏やそのご家族の芸術作品を展示する美術館「岡本太郎美術館」、その昔、江戸時代の東日本の古民家文化に触れられる「川崎市立日本民家園」、プラネタリウムを擁する「かわさき宙(そら)と緑の科学館」、それらを内包する「生田緑地」、無料で入園可能な「夢見ケ崎動物公園」、毎年の初詣及び7月に開催される川崎大師風鈴市に大勢の人々が訪れる「川崎大師平間寺」、東京都と神奈川県川崎市にまたがる広大な敷地を擁する遊園地「よみうりランド」などなど、家族連れでも大人同士でも楽しめる幅広い観光スポットがたくさんあります。東京都内から少し足を伸ばして自然に触れ合いたい時にもオススメ。大人になってから改めて行く博物館や美術館などは、案外童心にかえって楽しいものです。デートや大人同士のちょっとした息抜きにも良い場所が多いですよ。

川崎駅周辺の商業施設充実度
川崎市の交通の要衝である川崎駅周辺は大型の商業施設やショッピングモールが集積したエリアで、生活必需品が買い揃うだけではなく、娯楽やファッション、ブランドショップなどもあり、川崎駅周辺だけでほとんど済んでしまうほどの充実度を誇ります。例えば、JR川崎駅に直結するアトレ川崎や、生活雑貨のみならず家電や飲食店、アパレルショップ、映画館、ジムなどが全て集結した大型商業施設・ラゾーナ川崎も川崎駅直結と、ちょっとした買い物にもお出かけにも適した好立地。何回行っても飽きない店舗数と幅広いジャンルが人気の理由の1つです。JR川崎駅東側に広がる地下街・アゼリアは、地下街面積が日本で3番目の広さを誇り、飲食店からアパレルショップ、生活雑貨、クリニック、ドラッグストア、コンビニ、銀行など生活に密着した店舗が軒を連ね、重宝されています。また、川崎駅から徒歩5分ほどの場所にオープンしたチッタデッラは、イタリアのヒルタウンをイメージして作られたという言葉通り、まるで海外の映画のワンシーンのような空間が広がっており、各ジャンルショップをはじめレストラン、保育施設、美容、リラクゼーションなどが揃います。首都圏最大規模のシネコンを有しており、まるでヨーロッパの街並みに足を踏み入れたような開放的で華やかな空間を満喫できる複合商業施設です。さらに、駅周辺にはスーパーも点在。深夜まで開いているスーパーもあるので、仕事帰りでも立ち寄りやすく、恵まれた住環境であることがわかります。

抜群の交通至便さ
川崎エリアの最大の魅力は、その交通至便さ。神奈川県なので郊外のイメージがあるかもしれませんが、東京と隣接しているため自然も多く且つ都心部までのアクセスも良好なため住宅地として人気の高さを誇ります。というのも、JR東海道本線では横浜駅まで約8分で一駅、新幹線の利用にも最適な品川駅にも乗り換えなし約8分で一駅というアクセスの良さなのです。東京都心部へは、東京駅まで乗り換えなし約20分ほどで到着できますし、多摩川を挟んで隣接している羽田空港からもほど近く、空路からのアクセスも良好です。
川崎エリアの主要駅でもある「川崎駅」はJR東海道本線、JR京浜東北線、JR南武線、JR南武線支線が乗り入れており、川崎駅を中心に東京都内や横浜エリア、他関東エリアの様々な方面へ足を伸ばすことができます。その他にも川崎市内にはJR鶴見線「浜川崎駅」、JR鶴見線大川支線「大川駅」、JR横須賀線「武蔵小杉駅」などのいくつもの路線が走っているだけでなく、バスの乗り入れ本数も多くまた高速道路も整備されているため、近年では駅周辺の充実度や市内が内包する自然環境に加えその交通の利便性にも注目が集まり、新築マンション建設などが盛んになっています。

魅力的なエリア・川崎エリア
川崎エリアは、都心部への近さ・自然の豊かさ・駅周辺の充実度・子育て支援の手厚さなど、都会には近いほうが良いけれど田舎すぎず、また親しみやすい街であって且つ大学キャンパスが多く文教地区でもあるという意味でとても生活環境の整っているエリアではないかと思えます。治安が悪いと言われていた頃もあったようですが、現代の川崎エリアに目を向ければ、住宅街として人気が高く注目されている理由もわかるような気がします。
都心部への憧れがあり、都会に暮らしてみたい、上京してみたいと思う方は少なからずいることでしょう。都会は都会なりの良いところがあり、合う合わないも人それぞれ。あるいは、一度都会に馴染んで長い時間を過ごし、ふと都会の暮らしに疲れて自然豊かな田舎で暮らしたいと思う日も来ないとも限りません。そんなとき、川崎エリアのようなエリアは大変貴重で、需要の高いエリアに当たるのではないでしょうか。

筆者: コラム担当 井上